声の揺れ、意味の響き。

僕の生活や思いをwhatwhywherewhohowの4w1hを意識しながら文字と絵で綴ります。

表情筋を使った動的なマインドフルネス!【今現在に集中して気づきを得る!】

今回は自己流のエクササイズを紹介したいと思います!>_<

 

自宅にいるとき、よくいつもやります。

表情を過度に(おおげさに)明るくしてみます。

😄 ←こんな顔ですね。

いきなり本気でやると顔がしわっとなる感じがするのでやりません。

だんだんと力を込めて自分の思い描く中でとにかく明るい表情を作ります。

 

こうするだけで自分の心がだんだん無理やり作った表情に影響されて

youtubeみてるだけでも急にワクワクしてきたりします。

そうならない場合は大抵自分の表情に対して違和感を感じてむしろ暗くなる

という反応があります。

ここで言いたいのは、感情のセンサーを起動する感覚です。

反応がワクワクの場合はそれだけでその瞬間が実際に充実しているような意識が芽生え始めるので、もうこれでエクササイズは終了です。

表情→感情→意識 の順番で無理やり明るさを作った結果本当に明るい意識が生まれるという最高のエクササイズですね。

これは暗い気持ちの時に気分をあげたくてやってみたという時も普通に切り替えられたりします。

感情というのは本来移り変わりやすいので、切り替えるにはこうしたコツさえつかめていれば良いということです。

 

では笑顔をやってみて違和感を感じた時、心が本当に少し気落ちしているような状態といっていいでしょう。表情を過度に作る行為で自分が今本当は明るいのか暗い気持ちなのかがつかめることはすごく大事です。

感情に左右される前に調整するには知らなければいけないので。

 

こういう時は次に暗い表情に一気に変えてみます。そしてワンテンポおいてから、気持ちが表情とともに切り替わって行くことを意識しつつ再び明るい表情を作ります。

こうすることで自分の感情に必ず変化が生まれるのでそれを観察しながら、明るい顔と暗い顔を交互に、またはこれが自然な感情を作り出すのに大事ですが、たまにもうちょっと他の複雑な表情を加えて変化をその時の気持ちに合わせて微妙に変化させるのも大事です。

こうやって表情を意識的に筋肉を動かして変化させるということをできるだけ自然にやることでうまく自然な感情がわかるようにするためです。

これは言葉で理解するより実践しないと意味がないでしょう。

 

これを繰り返していくとだんだん今自分がどういう気持ちなのかがわかってきます。

どういう風にわかってくるかというと、表情に蓄積された感情の記憶をベースに、実際に表情を変えた時に自然と意識でつかめるようになってくる今現在生まれてくる感情がどれくらい近いか?どれくらいギャップがあるか?という比較、対照、という形でつかめます。

 

目的は暗い気持ちに意識や思考が支配されないようにしたり、気持ちが複雑になりすぎて自分が今現在本当に感じていることがわからなくならないように、今現在生まれてくる感情を意識で捉えて、なおかつ表情のエクササイズを通して明るい方向に向かっていく自分を自然に演じることで、感情を明るい方向にシフトさせることですので、やはり感情が使えたと思ったら次の表情もその次の表情も常に第一の選択肢は笑顔です。

違和感があった場合も、悲しい顔より、「別の種類の笑顔」にすることが前提です。

これは自然な表情を作り出すことや感情を明るい方向に持っていくためには必須なので、いろいろな種類の笑顔、つまりは結局だんだんと単純な笑顔はその時の自分を理解した上で作る少し複雑な表情になっていきます。

 

しかしそれでいいです、そうなることでより生の感情に近い表情になるので最終的に明るい方向にも持って行きやすいからです。

 

ここは実演ができればもっとわかりやすいと思いますが無理なので流れを説明します。

 

1、笑顔をする。そこからだんだん大きな笑顔にしていく。

2、限界まで明るい表情を作る、顔はもうしわくちゃだし、表情筋の血液量が上がってきて温度が上がり表情筋も全体的に柔らかくほぐされてきている。

3、それをキープして明るい気持ちを想像しなりきってみる。すると今現在の自分の感情のリアクションが返ってくる。

4、違和感があったら、感情が表情と連動していない証拠なので逆に暗い顔に一気に変えてみる。これはその前の表情が思いっきり明るく作られているため、どこか頑張ってる感が出た時などに、実は無理してる感が出てくるので、逆に本当はこういう気持ちだ!みたいな気持ちを表現する流れを作りやすい。

5、暗い表情を作ったらまた1から、明るいの部分をくらいに置き換える。(くらいは明るいに〜とくりかえす)

という感じです。

激しい表情筋の運動に伴って感情が刺激され続けると次は意識が活発になってきますので、自然な流れの中でということを意識しつつ想像力を広げて明るい気持ち、暗い気持ち、を少しずつ肉付けしながらやっていくと、エクササイズの影響は表情筋のシェイプアップなどにとどまらず、マインドフルネスや瞑想のように今現在に集中するような意識の状態に持っていけます。

ただこれらと違うのは、瞑想は心を無にしますが、こっちの表情筋エクササイズは感情を表情によって作って、感情を刺激することで能動的に影響を与えていくところです。

逆に今現在に意識を向けていくことは同じ趣旨ですので、両方やられるとバランスがとても良いと思います。

瞑想の話が急にでてきましたが、筆者はよく自己流で、瞑想というより、思想・宗教的側面を排したエクササイズとして、つまりマインドフルネスをよく2年前から1年前までやっていましたね。(はじめはマインドフルネスという名前で海外で流行り出したことなんてもちろん知らなかったです笑)

 

ただ断っておくと知識的なものはネットで拾い上げて自己流でやっていたということです。

この場合はやりすぎないでちょうどいいところで毎回区切りをつけることを意識するのが良いでしょう。

リフレッシュ方法の一つであればそれでも十分効果が実感できますが、さっと区切りをつけることで間違ったやり方や考えを身につけないようにするためです。

僕はあえてそうすることで運動も取り入れてストレス管理をするようにもなりましたし、こういうエクササイズも思いついたらどんどんやって幅を広げていけたので、結果色々と視野が広がったり、それまでなかった発送を持てるようになったり、そういう教養面でも収穫がありました。

 

みなんさんもぜひ様々なエクササイズに挑戦して心身を豊かに保つ知識を蓄えていきましょう!

参考になったら嬉しいですぜひコメント等お待ちしてます!

 

 

 

 

全くの素人がネットの情報だけで対策を立ててLPICLevel1を取ろうとした結果。

プログラマーやエンジニアに憧れた低学歴素人が、簡単と評判のLPIC101に参考書とネットの知識だけで挑戦した話。

 

みなさんLPICを知っていますか。僕が昨年挑戦したネットワークエンジニアになるための基礎的な知識が問われる資格なのですが、内容はLINUXというOSの基本的な操作コマンドや、操作知識、PCのパーツの名称から、その果たす役割、それらがどの様に、PCを起動させるか、メモリはどのようにデータを記憶するか、ユーザーはどのようにそれらを消したり、別のフォルダに移動したり、そのためにフォルダを作ったりするのか、というようないろいろな知識を覚える必要がありました。

(細かく言うと多少間違いがあるかもしれませんがご愛嬌で)

今回はPCの素人がネットワークエンジニアに憧れてこうした勉強を経てLPICLEVEL1を取得しようとした話です。

 

まずなんでこの記事を書こうと思ったのか、という過去の記事のテーマですが、

どうやったら合格できる資格なのか?というのを調べた時に、

ネットで対策がほとんどできて、中にはそれだけで試験に合格する人が出るくらいだ。

っていうことが書かれてるサイトがるというのをネットで知ったんですね。

でそのサイトは無料。サイトの名前はPing-tというサイトです。

特に怪しいことはないばかりかむしろ試験が千円割引で受けれるなど、実益があるくらいでした。

勉強内容に関しても基本は市販のテキストに近いけど出ない内容を抑えていて、知識がうまく補強されるような印象でしたね。

結構問題はしっかりしていました。

そのサイトには多くの合格体験記が投稿されていたので情報を得てイメージを膨らませようとしたら、このサイトの問題集と合わせてその道ではメジャーなあずき本という対策本や、スピードマスターという問題集と合わせてping-tで対策するのみで受かったという人が大半だという印象を受けました。

しかも勉強期間はだいたい1〜2ヶ月という比較的短めなのもあって挑戦しやすいのかなという印象を受けましたね。

とにかく物は試しと一月ほど、1日1時間くらい、多くても1時間半か2時間くらいの勉強を始め、(テストを種末に控えた週は1日2時間近くかな)

頭の中ではまだ得た知識はぼやけたようなといいますか、ぶつ切りで知識同士のネットワークが頭の中にできていない状態というか、まあだいたいそんな程度の、見たらなんとなく8割近くは正解できるんじゃないかな〜、というくらいにping-tや黒本をやった状態でテストを受けることにしました。

 

なぜこのような中途半端な学習到達度で1.5万円もする受験に踏み切ったのかと言いますと、実際にテストを受けて見なければ客観的に自分の到達度を測れないからいつまでも手応えがつかめない苦しい勉強の日々が続くと思ったからです。

今度書きたいですがITパスポートに合格した時もこの考え方で受けて、一度落ちてます、そうです今回も実力を確かめるためもあり、半ば無理かいけるか半々だな、というところで実力測定の意味も兼ねて受けた一回目の受験は、結果不合格でした。

ちなみにLPICLEVEL1は資格取得のために合格しなければいけない試験が二つあって、

101試験と102試験といいます。今回受けてきたのは101の方だけです。

なので勉強もその分、本一冊買ってもその半分までというわけです。

 

まあ落ちてしまったんですけど、点数はというと、200〜800で算出されて、合格ラインは500点のしけんで400点でした。まあ、妥当かなという感じですね。

比べていいかわからないけどITパスポートの時はもうちょっと惜しい!って感じられるくらいには得点できてたかな。

 

はい、まあ要は単純に一問ごとの配点が同じだったとすると5割正解で合格できるということであまりボーダーは高く設定されていないのがわかりますよね。

採点方法はよくわかりません。

結果のレポートには分野ごとの得点率が記されていますが僕の場合は

システムアーキテクチャが75%

Linuxのインストールとパッケージ管理が45%

GNUUnixのコマンドが46% ←1%ごとに細かく表記されています!

バイスLinuxファイルシステムファイルシステム解す標準も46%

 

という結果でした。

 

正直もう一つ正直な感想として言いたいのは、参考書(黒本、ほんのわずかにスピードマスター流し読み)そしてping-tでは全然出てこないような初見の問題多スギィ!!!

完全にいわゆる初心者殺し。死にゲー。みたいな印象さえ勝手に浮かんできましたね。

 

まあ、それはネットの情報でも散見されたのある程度予想はしていたのですが・・・。

はいだいたい言えることはこのくらいですね。

まあ最終的な手応えとしては、もうちょっとやればいけるんじゃないかな、でも受験料高いな。という感じですね。受かったら受かったでズブの素人よりは確かに多少進歩を感じられるようには思います。はい。

 

ちなみにこの試験、基本的に試験日は年中指定可なので思い立ったか吉日で挑戦可能です。

 

ということでLPIClevel1の101試験をエンジニアワナビーの素人がネットの情報を鵜呑みにして受けてみた結果でした!

リアルな意見が参考になれば嬉しいです!

ご一読いただきありがとうございました!😊

PS リベンジするタイミング見失ったンゴねぇ・・・。

飽きっぽいことや、気が多いことを逆手にとって楽しもう!

英語というのは勉強するのが楽しい。


僕が飽き性で、何にでも興味を示しがちなことが影響しているのだろう。


勉強も好きなら運動も好き。

人が好きなら1人で考え込むのも好き。

アートが好きだけど科学も好きだ。

性の対象は女性だけどゲイも悪くないと思う。

そんな感じだ。


ほいで、英語というのは学習方法において、刺激が非常に多面的なんだ。


目、耳、口、そしていろんな想像力を使って、読んだり話したりする。

ラジオを聴くのも生の英語に触れる意味では勉強になる。

読書がより知的に難易度の高いものになる。情報を得るために使う頭が日本語の時とまるで違うのがなんだか面白い。

人と話すのも外国に行くのもなんでも勉強になるんだ。

一つの刺激に飽きたら次はこうやる、っていうのが無限にあるし、得た知識の活用方法も無限にある。


むしろ楽しくないわけがない。

あんまりやる気がなくても語学なんて別にイヤホンだけしてたら良いんだし。

そういう気楽さも好きだ。

トイックは毎月受けれるしね〜。


それに英語そのものに飽きたり疲れたりしたら他のロマン語をやれば良いんだから!

ドイツ語をやれば哲学も楽しめるし、はっきり言って楽しくないわけないよ!

それ以外にも世の中には様々な系統のユニークな言語があるんだから!


どうだろう?飽きっぽいことやいろんな事に興味が移る事も、こんな風に受け入れてみたらとても素敵じゃないだろうか!!

少し優等生的な作った感じがしてたらごめんね😎😬m(._.)m








僕に少しの自由を与えてくれるブログ。僕を泥臭く鼓舞してくれるバンド。

僕は自分自身の正体を隠しながらブログを書くことで

ある意味自分に自由を与えている。

ぼくはブログ何かを誰かに伝えようとしている。それが何かよくわからない時が多いが、なんだかとても心地よいからこれからもう少し続けていきたいと思う。

 

多分続けられるのは今まで世の中で自分はいらない存在なんだって思ってたんだけど、誰かが(少しでも)このブログを見てくれていることを知って、なんとなくもっと自分のことを話していいような気がしているから。

 

こんなこと話していても、待ったく構わないわけだろ?

俺は・・・実は本当はこれは今抱えている本心というより、

これからこんな風に思って続けていけたらなあって思っていることを

書いている。

もしかしたらみんな少なからずそうなんじゃないか?

少しはこれからこう思うんだ、自分の未来はこうなんだってことを、自分の中の真実だと決めて、それを守り抜こうとすることで生きる力を得ていくという方法があるんだ。

 

ただ、今このことをここで述べても、何かが変わるわけでもないし、・・・それはわかってるつもりだ。

 

でも、こうして親密な形というか、リラックスした状態で世界全体に向かって語りかけているようにいつか、思えたりしたらすごいんだけどなぁ・・・。 

 

 

しかし今俺がこんな恥ずかしいことを真面目な顔で書いていられるのは、このバンドの泥臭くてまっすぐで最高にかっこいい音楽のせいかもしれない。

 

ONE OK ROCK は最高のバンドだ。

 

それまで、ある芸術家の本を読んでから芸術的に物事を捉える面白さに目覚めて、音楽だってよくyoutubeで聞いていたけど、このバンドほど実際に体感的に自分が鼓舞されている感覚を得られたことはない。

本当はそれは、というかもしかしたらだけど、それはちょっとこのバンドに絡んだややこしい記憶があるせい(というかお陰?)なのかもしれない。

いや、少なからずそうなのだろう。

このバンドは僕の複雑に絡んだ記憶をうまく自分を鼓舞するように転換してくれる役割に、いつの間にかなっていたのだ。

少なくとも今はそういうことにしていたい。

フリーター経験で学費免除!!フリーター経験者こそ行くべき大学!!

フリーターをしている人と言えば、どのような人がいるでしょうか。

1 夢追い人 

2 働きたくないとか、遊びたいとか、やることが決まってないとかでなんとなくの人

フリーターは大きく分けてこの2種類だと思います。

前者の方は大学等に通う必要はない、というか選択的に通っていないかもう卒業済みなのでしょう。

しかし後者の方はどうでしょう、大学に通ってみる価値はあるのではないでしょうか。

「いや・・・でも・・・」

という方はどういう事が気にかかっているのか、当ててみましょう。

 

1お金  (親がお金を出してくれない、奨学金はとてもではないが借りたくないorなんらかの理由があって借りられない)

2学力(高校まではそこそこ勉強はしたけど、大学受験をするほどのモチベーションがなかった)

3モチベーションがない等。

 

なんとなくこの3要素が問題ではないでしょうか。

もし、この3要素がバランスよくマッチする大学がこの記事を必要として読まれる方に

あるとしたらこれではないか?ということを考えて紹介したいのが、

 

京都経済短期大学」です。

 

名前からわかるように京都にある短大なのですが、実はこの短期大学は

お金がない人、あまりお金をかけたくない人、しかも社会人経験が2年以上ある人にはめちゃくちゃ嬉しい学費免除の制度があります!

学生納付金 | 京都経済短期大学

こちらを見てもわかる通りですが、2年以上の社会人経験がある人(なおかつ20歳以上)は初年度の納付金が、入学金5割、授業料3割免除となり、100万円を切ります!!

(※実は半年でも授業料のみ同額が免除)

 

 

しかもこの社会人経験というのは、フリーターでも雇用証明書があればOKなんです!

 

これは公式サイトから筆者が問い合わせた内容を載せているので間違いありません!

公式な回答です!!(メールで回答を得ています。)

 

 

 

これでお金の問題はだいぶ楽になることでしょう!

 

次に学力やモチベーションについてですが、

学力に関しては去年から入試倍率が昨年に比べて跳ね上がっているのが公式サイトの情報から見受けられますね・・・。

ですがAO入試や社会人入試もあり入試制度は充実していると言えるでしょう!

 

モチベーションに関しては・・・興味を持たれた方は公式をご覧いただいてご自身で考えてみてくだされ😐

 

いやぁ〜疲れちったー、かなりのお役立ち情報じゃないかなぁ。

だってフリーター経験をきちんと評価してくれる学校があるなんて結構な大ニュースだったし、とにかく伝えたいと思って書いたけど。

・・・探してみるもんですなぁ〜。

 

東京のフリーターさんたちも、これを機に伝統の街京都で2年過ごしてみるのも良いのでは?TOIEC対策もコースがあるようなので卒業後ワーキングホリデーなんて言ってみたら外国人に日本の事をいろいろ教えてあげられるんじゃないでしょうか。

外国人が興味あるのはやっぱり東京か京都ですからね!

まあ、こんな感じで将来海外を意識して京都に生活拠点を移すと、見えてくるものも違ってくるのではないかな〜なんて。まあこれはただの独り言です、はい。

 

自分にとってブログとはどんなものか。

自分は悲しい、自分は不幸、自分の心は痛ましく思っている、自分は後悔している、

 

そういう重々しくて人に話すのも憚られるきもちを素直に吐き出せる場所がブログだ。

 

なにも考えずにただ言いたいことだけいう人みたいになりたくはないが、ブログならそういうタイプの人みたいにいろいろ好き勝手にまくし立てても良いような気がする。

 

だって、嫌なら見にこなければいいんだから。ただそれだけなんだから。

 

それにこれは今考え出したことだけど、自分の中にある思いを文字にすることでいろいろ正しさだったり、本気度だったり、はかれるような気がしてそういう面で良い道具だと思う。

 

うまくブログを使いこなしていきたい。

まあまずはもっとマシな文章がかけるようになりたいけど。

 

 

 

ブログでつぶやいてみる。

ブログでつぶやいてみる。1

 

僕はたまに彼女にこう言ってしまう。

なぜ生きているんだろう。とかそういう面倒なこと。

彼女は何も言わない。僕はわかっている、めんどくさいってこと。

それに僕と多くの時間をともにしている彼女を僕はきっとそんなことをいうことで

傷つけている。

 

ブログでつぶやいてみる。2

たまにうまくいかない時、その理由を自分のうまくいかなかった過去まで遡ってしまう。

それで長い時間ぼーっとしたり、なんとなく感傷に浸り続けて何にも取り組めなかったりする。

そんな時はなんだか自分がただ死を待つだけの余生を送るじじいに思えてくる。

 

 

 

ブログでつぶやいてみる。3

自分に失われた美しくて眩しい、黄色い昼と夕暮れの間に、弾けたように笑う人々の時間が、どこかで流れていると感じさせる心の穏やかさと豊かさとを取り戻す。

 

 

 

 

 

ブオグでつぶやいてみる。4

効き目があるかどうかわからないサプリメントは食べるお守りみたいなものだろうか。

 

いやきっとお守りよりはマシだろう。

 

ただ僕には期待できる効果の科学的根拠がはっきりとは理解できなくても。

 

一種の科学に対する信仰みたいなものかもしれないけど。

 

文字が読めず聖書を音読してくれる牧師先生が必要な人たちがいたみたいに。