声の揺れ、意味の響き。

僕の生活や思いをwhatwhywherewhohowの4w1hを意識しながら文字と絵で綴ります。

エリートで、びっくりしたよ、バンドマン。五七五

ONE OK ROCK のボーカル Taka と

RAD WIMPS のボーカル 野田洋次郎 。

 

両バンドのボーカルはどちらも学生時代に慶応に通っていたことがあるらしい

って最初知った時すごくびっくりした。

(ワンオのTakaは高校中退、ラッドの野田洋次郎は大学中退だが)

 

というのも、

バンドマンという人種はなとなく「子供の頃から誰の力にも頼らずに自分の力だけで生きてきました」って人ばっかりだと思ってたから、気になってwikiで二人のページを見ていくにつれ、実はTakaは芸能界のサラブレットでジャニーズとして中学生くらいまでTVで歌ってたりNewsの一員だったこともあったということを知って、

「え、ヤンキー上がりくらいに思ってたのにめちゃくちゃエリートだ・・・!!!」

とびっくりし、

野田洋次郎も、幼少期カリフォルニアにいたとか中学受験で桐蔭学園受かったとか知って、バンドマンという生き物に持っていた先入観が覆されたのだ・・・。

 

なんだろう。。。俺の中でそれまでバンドマンというのは自分がその世代じゃなくても

矢沢永吉みたいないわゆる不良・アウトサイダーみたいな感じの人や、尾崎豊みたいに社会とか大人にめっちゃ噛み付く人たちがやってるというイメージの刷り込みがあったのかもしれない。

 

しかし今思い浮かべても最近では水曜日のカンパネラコムアイも慶応大だし、最近の人というよりもうおじさんだと思うけどKREVAも慶応大じゃなかったっけ。

慶応大ってミュージシャンが多いのか???

流石日本一のモテ大学というところか・・・。

文武両道(若干使い方違う)の器用でイケてる人が多いのだろうな。。。

 

ってなんか話の趣旨が慶応大学はやっぱイケてる人多いのか、みたいになってますが。

 

ワンオクは未だに世界各地回ってるみたいだし、出すアルバムごとに国際的なバンド担っていってる感じが素人目にも感じられるくらい勢いのあるバンドですよね!!

本当に活動を追っていくのが楽しいバンドです!

 

ラッドに関してはあの錆びること知らない独特の感性に飽き全く来ません!

 

方向性の違う両バンドではありますがそれぞれとても魅力的ですよね!

 

僕も仕事と趣味をうまく両立して輝ける人になりたいなーっということでお読みいただいた方、ありがとうございました!

 

 

リセットしよう。

なにをしても心がうまく働いて(?)くれない気がしてしまう時は

 

とにかく走りに行く。

 

そう決めているわけでは全くなく、自然とそうしているのだと思う。

 

きっと心が体を使って脱皮しようとしているのだろう。

 

きっとなにか考えすぎているのだろう。いろんなことを感じすぎて痛いのだろう。

 

自分自身から逃げるのだ、心を逃がしてやるのだ。

 

 

Stand by me ?

つぶやき

 

休日に遊ぶ友達が欲しい学生時代というか十代後半

ほぼヒッキーだった自分のリアルガチにつらみヤバめの苦悩・・・・。

まじで、孤独は苦痛。

友達いないと、やりたいことも一人でつくえにむかってやることしか思いつかないし

 

ほんと世界狭まるよね。

 

前金曜日に結構嫌われてる感じ(最初の頃友達欲しすぎて距離縮めるの急すぎて早すぎてなにこいつ!?みたいに思われたっぽい)の同僚と二人でなんやかんや

飲んで、カラオケ行って、渋谷のクラブいってって、感じで遊んでまあまあクラブとか新鮮で面白くていい体験だったけど、

 

なんか、こう・・・終電間際に帰って寝て翌日の朝起きました、ってなった時、ラインでめっちゃいい感じにありがとー、またいこうねー!みたいなの顔文字とかと一緒に入ってて、

嬉しいはずじゃない?!やっぱ友達とかいなくてそういうこと言ってくれるとさ、

でもその時に感じたのが、全部社交辞令なんだろうなあ、、、って感じでさ。

かといって、全くの嘘でもないかもしれん・・・けどやっぱ友達・・・?

 

ん?・・・そもそも・・・!

 

同僚は同僚であって、なんで俺はわざわざ友達という関係性にこだわっていたのか。

もしかするとこの一見明るく好意的なラインのメッセージは実は俺が友達友達してるから向こうが気を使ってこう見えるようなメッセージを送ってきてるんじゃないか。

だとするとなんか俺もそこ見分けながら付き合っていかなきゃならないかと思ったよ。

 

知らない間に歳食っててさ、やっぱ友達って言っても、小学生の時みたいな友達はもうできないのかな、何て思ったと。

 

あぁ、なんというスタンドバイミー。

 

「12歳の時のような友達は、きっともう二度とできないだろう。」

 

切ねえ!!!!

 

・・・いやぁ切ないですねぇ・・・・。不登校なんてやってたのが一層悔やまれますね、みなさん、これ読まれてる方がまだ10代だったら今のうちに友達、作っておいたほうがいいですよ。

 

はい、この記事は以上です。推敲してないので文章の言葉の流れのスムーズさがあんまりないかもしれないですが最後まで読んでいただいた方、ありがとうございます!

Glory Days

尾崎豊の息子、尾崎裕哉

 

の「 Glory Days 」を聴いてみた。

 

youtubeで時間をつぶしていただけだけど、

 

お父さんのイメージとは全然違って英語すごい上手な感じがしたし、

(実際ネイティブのように聞き分けができるわけじゃないからわからないけど)

POPなんだけど無理に明るさ全開にしていく感じじゃなくて勢の中にも落ち着きがあっていい感じ。

 

すごく動きたくなったから少しシャドーボクシングでもやろうかな。

上半身全体が鍛えらるから好きなトレーニングなんだよね、

肩周りの筋肉、肩甲骨周りとかめっちゃ筋肉つくし。

 

にしても世代じゃないのに英語が上手いだけでこんなにびっくりしてしまった

お父さんのイメージの強烈さがすごいw

モチベーションを感じること

今回のタイトルは
モチベーションを感じること
です。

これは仕事に対するものや人との関係を気づくためのポジティブなエネルギーに対して書こうと思っている記事です。

というと一見自己啓発系の内容の記事だと思われるかもしれませんが、
そういうものはこの広大なネットの海にはありふれすぎてて、今から書いたって何番煎じだっていう、
海上に浮いてるゴミくらいな存在にしかならない気もするので、
なんか理論的、方法論的な話じゃなくて、心の中から湧き出てくるような瞬間ってありますよね、そういうものを忘れないで覚えていようよっていう記事にしたいですね。

もうこの時点でいった意味がわかってない人はぶっちゃけ可哀想な人ですよ、まあもしかしたらそれはそれで幸せなのかもしれないですけどね。

前置きがだいぶ長くなってますけど
意外と本当に言いたいことは少ししかないもんですね。
長々と書きたくないですけど
もうちょっと余談を挟んでおいていいならば自分の好きなある哲学者がいってる事があるんですけど、
「およその語りうるものは三語で語りうる」
と言う言葉があるんですがまさにその通りなんですよね。
…まあ必要じゃなかったんですけど好きな言葉が浮かんだんでついついという感じですね、かなり短く抜粋してるので当たり前やんというかんじがしないでもないところです。

はい。

モチベーションって意外と仕事ね、朝起きた時は行きたくないなって思うときあるんですけど、結局小銭稼ごうと思っていくんですよ。で上司にいやな怒られ方したときはあれやろうかなこれやろうかなと別の道に行くことを一回真剣に考えるですよ。不思議とそれで思考が一周してまだこのままでもいいなって今現在の状況に肯定的になったりするんですよ。

まあでもそういうのも結局ねー…自分で用意してるものじゃないですか。なんかたまにそういう気がするんですよ!僕がここで言いたいのはそういうことじゃないんですよ!
もっと自然と気持ちが張ってくるような瞬間は無理に自分で用意しなくてもあるじゃないかって事が言いたいんですよ!
駅からオフィスまでの大通りで浴びる朝日と風の匂いとか、
早く上がった日にみためちゃくちゃ綺麗な夕日の色とか、
集中力が切れてこそこそとオフィスの下まで行って、外歩いて、吹いてくる風を感じとってみたりとか。
思いの外家から出たらめっちゃ天気良くてなんか気分が開いて行く感じとかですよ!
こういう瞬間が好きなんですよ。

…わかります?っていうね。はい。終わりです。







ワンダーランドという漫画を読みまして。

昨日の夜は久しぶりに漫画喫茶へ行きまして、

読んだ漫画がワンダーランド。

はい、まあ以外とこれを読もうと決めていっても

すぐにはおめあてが見つからず、代わりに目に入ってきた面白そうなのを

見つけるとすぐそっちにしようと気が変わるという具合でしたけど。

この「ワンダーランド」は表紙も結構いい感じで、可愛らしいアリス(不思議の国のアリスまんまのイメージ)と独特の地味系のベージュな色のなんか。。。

うまく説明できないやつ。

はいということであらすじは

朝JKが起きると、身長がスマホくらいになっていて、家の中のペット野猫に戯れられると爪で腹が引き裂かれて内蔵が飛び出て死ぬリスクを抱え、外へ出たらカラスや野良猫にめちゃくちゃされて殺されるという感じで、

とにかく町中そういう状況だと気づいた主人公は犬の方のペットの背中に乗って、隣町の友達のところまで脱出しようとするという話ですね。

 

まあネタバレは避けまして、非常に面白かったのでよ惜しければ読んでみてはいかがでしょうかといったところでね、自分がそうなったらどうなのだろうとかんがえたことを

ブログにする方がまともなんじゃないかと思ったりしますけども。はい。。。

 

なんのメリットもなさそうですね笑

 

はい、その通りで非常に大変な話になっております。

参考になりましたでしょうか、びっくりでしょ、この記事はこれで終わりです。

 

 

 

学校とお仕事の両立 

はい、このブログではこのテーマで以前も記事を書いたと思うのですが

相変わらず自分の中で解決しないテーマなのでもう一度書いていきたいと思います。

 

今回は夜のお仕事と学校という感じで思考をまとめていけたらいいなと思います。

 

新聞奨学生

2バイト兼学生

3正社員でガッ貯金作ってから学校行く。

 

まずまあこの三つのうちどれかだと思うのですが、

正直一番トータルの生活の質の面で当面の生活を考えても3が無難ってのもあるしお勧めかなとおもう。

1は結構むかし過労死かなんかの事件おきたみたいだからまともな生活がしたい人は正直やめといたほうがいいと思う。どう考えても体力的、精神的にきつすぎるでしょ。

まあ、でもちゃんと相談とかはしてみて、先輩型にも話聞いてみるといいとは思うけど。

2これはまあ一番可能性のある感じで、学費はとりあえず全部奨学金でどうにかしちゃうことと、体力任せに飲食店とか夜のお店でバイトしまくっちゃうという感じかな。

家賃も3マンくらいのところで我慢して、飯も外食とかじゃなくて米たくさん炊きまくってね、長期休暇にできるだけお金作って、みたいな、ただ運動とかなんかの稽古で鍛えられてる子じゃないと結局きついことには変わりないですね。借金も残るし、だいぶ本人が周りの保護されてボッーとしてる子よりしっかりしてなきゃね。

まあ細かいところとか相談相手が欲しかったらコメントくださいな。

3まあ営業とかね。なんでもありだと思う。目標を持って仕事をするだけでも偉いし。

 

とまあ、こんな感じだけど、夜間の専門でもいいならもっと学費の面では楽かもね。

 

とはいえいろいろ懸念すべきところが多いですね、ややこいい問題がいろいろ山積みでもともとしっかりしてた子じゃないと無理かなぁ・・・・って感じだね。

何だろうこのかきたりないんだけどその書き足りない部分が不透明なピントボケした感じは・・・😂

 

何か少しでも参考になればと思います。またこのテーマにはリベンジし続けたいと思います。