声の揺れ、意味の響き。

僕の生活や思いをwhatwhywherewhohowの4w1hを意識しながら文字と絵で綴ります。

息子を何の根拠も事実もなしに覗き呼ばわりするバカな母が憎い。


父は最後まで親とすら感じられない。

本心や感情が見えず、暴力的で、得体の知れない気持ち悪い感じがした。


会話もろくに通じない。


子供の助けになろうとしない、相談相手になろうとしない、自分から話し合う機会を作ろうともしない。

まともな人間関係も築いたことないんじゃないかと思っても仕方ないだろ?


暴言ばっか。子供は言うことを聞いていればいいという本心が見え隠れする。こんなやつ子供から嫌われて当然。


子供の頃もう殴らないと約束したのにすぐに破った。謝罪はない。


お前はきちがいだ、発達障害だ、というレッテル張り。人の中身が見られない可哀想な脳みそ。哀れですらある。


怒りを隠したくない、体に痛みが出る、自分の感情がわからなくなる、信じられなくなる。

こうして書いたものは頭の中に突然浮かび心をかき乱す、現在進行形の問題、気分屋体の調子を乱させる要因となる。


何かをやり返したかった、でも数々の言動にはあっけを取られてできなかった。激しく攻撃的な言動を繰り返して相手の意識を硬直させる手口だったようにすら感じる。


そうして蓋をされた部分を外そう