声の揺れ、意味の響き。

僕の生活や思いをwhatwhywherewhohowの4w1hを意識しながら文字と絵で綴ります。

心の引き出しを作ろう

ふと思ったのですが、

寄り道こそ僕の好奇心なのではないかと思います。


寄り道を楽しむゆとりのある生き方の方が自分のことを見失わず、もっと深く知ることができるのではないかと。


そして自分を知ると言うことですが、外の自分がまだ知らない世界に飛び出して行く時にこそ役に立つのではないかなと思います。


それは心構えの面で例えば精神的に辛い場面も、あの時の気持ちで頑張ろうとか思えるような心の引き出し。


それを作ることは大人になる前にやっておくべきとても大切なことだとおもいます。


そしてそれはむしろ自分を知ることというより、調節したり、演出したりするために必要な材料を揃えるともいえるかとしれません。


ゴールデンウィーク自然豊かな離島に行ってみることとかも、大切なことかもしれないのです。

自然に囲まれた爽やかな気持ちを、ストレスを感じた時に思い出してみることで心に持ち続けること。とか。


さてさて始めに書いた、寄り道こそ僕の好奇心、という言葉でが、心のゆとりがフットワークの軽さを作り、素直な気持ちで素直に好奇心を行動に移し、そこで得た経験が例え小さな寄り道程度のものだったとしても、豊かな自分を作ってくれるのだと、信じたいなと思いました。


こじんまりした、僕の信じて見たいこと。