声の揺れ、意味の響き。

僕の生活や思いをwhatwhywherewhohowの4w1hを意識しながら文字と絵で綴ります。

本屋で立ち読みしたよ。っていう。

今日は本屋でだいぶ立ち読みをしたなあ。

お笑いピースのボケ及び芥川賞作家の又吉直樹が今月表紙の雑誌を見つけて、インタビューを読んだけど、先ずインタビュー前の巻頭の写真の又吉めちゃくちゃかっこよかったなあ。

あ、俺なあ。なぁ。って言って山下清みてえだなあ。

まあどうだっていんだよそれは。

又吉格好良かったよ、うん。

小説も2作目の・・・「劇場」は読んだよ。

あんなにお笑い的な意味で面白い文章はなかなかないと思った。

芸人さんだからだろうけど、それが新鮮だった。

あれはあれですごくいいね。

あ、そういえば前の同僚が火花も貸してくれて、読んだんだっけ??

今読んだの思い出したわ。

インタビューの話に戻ると、やっぱ小学生の頃からネタを書いていて、フィジカルも強かったみたいで、その頃から高い資質を持っていることがうかがえるよね、本人の口からも、(って言ってもインタビューだけど)小学校からなぜ生きてるのかとかそういう哲学的なことを考えていたような発言があるよね、文学性がある人だよね。

初めから自然に備わっていたようにして。

そこが大事なような気がする。自分はオリジナルなんだっていう意識があるんじゃないかなという気がしてきた。

隣に置いてあったカズオイシグロの特徴なんかを文学者二人が語る内容の雑誌のあれも読んだけどなんかとても日本にルーツを持っている人が(イギリス人だけど)英語で小説を書いて向こうで大物作家になっているのにはすごく興味が惹かれた。

俺としては哲学とか芸術なんかの面ですごく白人文化に惹かれているし、今の時代は彼らが人類を科学的にも、政治的・経済的にも引っ張っている時代だから、憧れみたいなものももしかしたらあるのかな。

まあそれは十代の中頃からだけど。

あとは話になんの脈絡もなくてただ一緒に読んだだけの本だけどすごく直感的にだいじな事が書いてある気がしたのが、「自然災害と向き合う日本人」みたいななんかの本のある章だった。

とても興味深かった。

日本人の戦いとか、いざというときの協力関係の結び方がわかるんじゃないかと、なんかそんな気がした。

とまあ、ブログというよりただの日記なわけだけど・・・。

本当に立ち読みなんて少し恥ずかしかったな。